ディスプレイの並び

お問い合わせ


〒134-0088
東京都江戸川区西葛西3-16-12
第2大生ビル3F
TEL:03-3680-0480
FAX:03-3680-9940 企業マップ
会社概要
お問い合わせ
線
  1. 株式会社デジタリーフ トップページ
  2. ソリューション
  3. 外資系・グローバル企業向けソリューション
  4. グローバル業務
緑色の背景

外資系・グローバル企業向けソリューション

グローバル業務オペレーション

外資系企業、日本企業に関わらず、また、直接貿易業を直接営む企業に関わらず、国境を跨いだ、多言語環境での業務オペレーションはグローバルビジネスを展開する企業にとっては必須の業務となります。また、これら国際業務を統括し、リアルタイムな処理を可能にする業務システム、特にWebシステムは国際業務において今後より需要を増していくでしょう。

これら業務システムの構築に当たっては、単なる語学知識、技術知識に留まらない、多言語環境下でのシステムの構築技術が必須となります。この点がソフトウェア・ローカライゼーションやWebシステムの翻訳の世界においてもよく誤解されている点で、単なる訳語の翻訳に終始したがために国境・言語を跨いだITプロジェクトの様々な場面で悲喜劇が起こっています。

分かりやすい卑近な例では、例えば、顧客の基本情報1つを管理するためにも住所の記述順序が日本語と英語では異なります。また、日本語、中国語では、郡・県といった概念が同じ漢字を使用していても異なります。これらは、単に訳語が適切であればよいという話ではなく、データベースや業務システムのインターフェース、業務帳票のフォーマットに正しく連携されている必要があります。これらのノウハウは、業務システム、業務ドキュメント等の設計やデザイン段階において、正しく反映されている必要があるのです。

また、より大きな枠組みでは、日本、海外の各チームやスタッフのオペレーション権限、データアクセスの階層構造の設計、多言語開発における文字コードや変換、インターフェースデザイン全般に関わる技術要素など、国や言語を跨いだ業務システムには、様々な技術ノウハウ、品質管理の検討が必要です。デジタリーフでは、これら業務システム構築に関するノウハウをコアファクターとして、業務オペレーションや業務運営そのものに関するご相談ごとから、システム、ソフトウェアに限定されない各種業務ツールの制作等を含め、お客様が求める業務運営を円滑化する、様々なIT技術を用いたソリューションを提供させていただきます。




当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、SSLサーバ証明書を導入しています。
コモドジャパンが提供するトラストシールをクリックすることで、検証結果をご確認いただけます。

Copyright © 2001 -2018 Digitaleaf, inc. All Rights Reserved.